手っ取り早くfacerigモデルを作成

イラスト・フリー素材

Vtuber目指して、facerigのモデルを作成したい方は多いと思います。

このブログの公式キャラクター(?)である『そろとん 』も以前はYoutubeに画策していた時期もありました。今は頓挫して辞めました。

それどころか無料素材として配布しています。

著作権の観点から拾い物は使いたくない方や、依頼したいけどお金をかけたくない、何より自分で作って物のほうが愛着がわくといった方向けに、なるべく簡単にLive2Dからfacerigまでの設定方法を解説します。

イラスト、いわゆる立ち絵でしょうか。これは各自で準備できる前提です。

必要なもの

FaceRig –\1,480(2019/10/21時点)

Steam:FaceRig
FaceRigは、ウェブカムを使い、魅力的なキャラクターになりきることが出来るソフトです。作った作品を録画して動画にしたり、Skype、Twitch、Hangoutsなどのリアルタイムでウェブカムを利用するサービスで使うことが出来ます。

FaceRig Live2D Module –\398(2019/10/21時点)

FaceRig Live2D Module on Steam
The Live2D Module enables you to embody hand-drawn animated 2D avatars while using FaceRig. Pick one of the sample avatars or create your very own!^.

Live2D Cubism –FREE版あり

Live2D Cubism
Live2D Cubismは、1コマずつ絵を描く必要がなく、1枚の原画からどんなイラストも描いたまま立体的に動かすことができます。

Live2D Cubismに関しては最新が4.0(2019/10/21時点)ですが私が使用していたバージョンは3.3なので、各自でいい感じに改修して下さい。
※3.3バージョンもダウンロード画面よりダウンロード可能でした。

ちなみにLive 2Dは年間収益が1000万円以下ならFree版の商用利用可能です。詳しくは以下を参照してください。

機能比較 | Live2D Cubism
Live2D Cubismのフリー版とトライアル版の機能の違いをご紹介しています。

イラストの準備

普通にイラストを作成するのとLive 2D用のイラストを作成するのでは勝手が違ってきます。

そんな時は、公式のサンプルデータをまねてレイヤー分けをしましょう。

サンプルデータ集 | Live2D Cubism
Live2Dで取り扱っているサンプルモデルです。Cubism Editorの学習や、Cubism SDKの組込み動作テストなどにご利用頂けます。利用規約をよくお読みの上、ご利用ください。

適当なサンプルデータをダウンロードして、拡張子が.cmoxをlive 2Dで読み込めばレイヤーがどうなっているのか確認できます。
それを参考にレイヤー分けしてイラストを作成してください。

Live 2D編集

イラストが用意出来たら、続いてLive 2Dでの編集です。

今回は使い慣れたバージョン3.3での解説です。

まずは、イラストのpsdファイルをドラックアンドドロップで、Live2Dに読み込ませます。

テンプレートモデルを選択画面が出てくるので、FaceRigのテンプレートを選択します。
今回はキャラクターの性別に応じてEpsilonを選択していますが、ナルミ大丈夫だと思います。

おおよそのパーツの位置に合わせます。
合わせた後はテンプレートを適用をクリックです。

しかし、このままだとパーツ位置があっていないため崩壊していると思います。

各パーツをクリックして、テンプレートと対応するパーツを関連付けます。
すべてのパーツで対応するパーツがきちんと関連付けれさていることを確認します。

ここまでやれば、ある程度動くものができていると思います。

そろとんの場合、目と口がうまく動いていなかったので手動で調整しました。
Live 2Dの公式Youtubeにチュートリアルがあるので、これを参考に微調整しましょう。
個人的には一番わかりやすかったです。

【公式】Live2D Cubism 3 基本チュートリアル 3:表情をつける

編集が終わったら書き出します。テクスチャアトラスを書き出した後、本体を書き出します。2.1用でないと、facerigが対応していませんので注意して下さい。

facerigの設定

facerig側に読み込ませるためには、facerigのインストールフォルダ配下に必要なファイルを配置すれば使えるようになります。

以下のフォルダの配下に配置します。
<steamのインストール>\steamapps\common\FaceRig\Mod\VP\PC_CustomData\Objects

詳しくはそろとんの配布ページで説明しています。

必要なファイルは上記の配布ページからダウンロードして確認してください。そろとんで使用しているものは、facerigにデフォルトで入っているモデルのものをちょっと変更しただけです。
基本的に使いまわしできると思います。
ファイル名だけ変更して使ってください。

おまけ

そろとんですが、フードで顔を隠していましたが普通に中身も描いていました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました