WindowsServer2019評価版にSCCM構築-その1ADサーバの構築-

Windows・Mac

特に深い理由はないのですが、WindowsServer2019の評価版にSCCMをインストールしてみたいと思います。

遥か昔に仕事でSC製品環境の構築に携わっていたことがあり、環境構築にだいぶ苦労した記憶があるので、これから構築予定がある方に向けて、たたき台程度になればと思います。挫折したらごめんなさい。

たたき台を目指したりしているのですが、2019年版が最新だと思うのですが、まったく調査していません。

昔構築した際は、ADサーバが必須だったのでとりあえずADサーバだけ構築しておこうと思います。ちなみにADサーバはWindowsServer2016に構築します。

SCCMとは?

そもそもSCCM(System Center Configuration Manager)とはMicrosoftが提供している運用管理製品群の1つです。

運用管理というように企業用ですね。何十台、何百台もあるPC・サーバを管理したり、ソフトウェアやパッチを配布したりすることができるものです。

ほかにも、DPM(Data Protection Manager)というバックアップツールや、OM(Operations Manager)という、障害検知などの運用監視ツールなどもあります。

これらをまとめて、System Center製品や、SC製品とかいうこともあります。

WindowsServer2016にADサーバを構築

今回はWindows10 Proに搭載のHyper-Vにインストールして進めます。

評価版ISOファイルのダウンロード

SCCMのインストールはWindowsServer2019の予定ですが、ADサーバはWindowsServer2016に構築します。理由は評価版のライセンスが複数台のインストールOKか不明だからです。知っている方いたら教えてください。

評価版はMSのサイトからダウンロードします。180日間扱えます。

ダウンロードする際の会社名は『個人』としました。あとは特に迷うところはないと思います。

Microsoft Evaluation Center で Windows Server 2016 を試す
Microsoft Evaluation Center では、ダウンロードまたは Microsoft Azure で試用できる、フル機能を備えた評価版の Microsoft 製品ソフトウェアを提供しています。

ダウンロードが完了したらインストールまで済ませてください。OSのインストールだけなら特に難しいことはないと思います。

ADサーバの構築

ADサーバの構築といっても、ローカル環境での通信しか想定していないし、セグメントを分けたりもしないのでとても簡易的な構築です。

基本的にハードコピーだけ張っておきます。

ところどころ入力項目がありますが、直感でわかると思います。

ドメインユーザの作成

ADサーバの構築が完了したら、ドメインユーザの作成が必要です。
『Active Directory ユーザとコンピュータ』よりユーザを新規作成してください。

作成後はAdministratorグループに追加してあげてください。単純にユーザ作成しただけだとリモートデスクトップ接続が許可されていないので、Hyper-V上にインストールした人はログインできないと思います。

Administratorグループに入れてあげればリモデが許可されるのでドメインユーザでログインすることができます。

※ 画像が一部古いです。2枚目の『WINSRV001』は『WIN_AD_USER001』 で読み替えてください。

今回の場合は『WINSRV\WIN_AD_USER001』もしくは『WIN_AD_USER001@winsrv.local』でログインすることができれば成功です。

次回以降にSCCMのインストールしようと思います。その前に構築ドキュメントを探さねば。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました